セラミド配合化粧品(美容液・クリーム・化粧水)の上手な選び方

Pocket

セラミドは最強の保湿成分
セラミド配合化粧品(化粧水、クリーム、美容液)を使って、お肌にセラミドを与えてあげることは、お肌のうるおいを保つためにはとても重要なことです。

しかし、セラミド配合化粧品は、間違った選び方をしてしまうと、お肌にうるおいを与えるどころか、かえって逆効果になってしまいます。

このサイトでは、セラミドに関する基礎知識から、正しい化粧品選びの方法などを解説していますので、ぜひ参考にしてください。


セラミド化粧品の上手な選び方
成分表を見てセラミドの後ろに数字があるかどうかをチェックする
化粧品選びを行う際、自分にあったものを選べるようになるために「成分チェックができるようになること」は、とても大切です。

セラミド配合化粧品の場合も、それは同じ。

実際に購入する前に、配合成分をしっかりチェックして、自分の目的にあったものを選ぶようにしましょう。

セラミドが配合された美容液の成分表を見ると、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱといったように、セラミドのうしろに数字が入った表示を見ることができます。

ここで、まず、おぼえておきたいのは、化粧品に配合されるセラミドには、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱというように種類があり、それぞれ役割や効果が違うということです。

セラミド1は、水分保持機能と外部刺激に対する優れたバリア機能。

セラミド2は、高い水分保持機能。

セラミド3は、水分保持機能、シワを軽減する機能。

セラミド6Ⅱは、水分保持機能、ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能。

というように、ひとことでセラミドと言っても、それぞれに役割や効果が違います。

中でも、特に「セラミド2」という成分は、他のセラミド成分よりも特に保湿効果が高いと言われています。

ですので、乾燥肌などに悩んでいて、とにかく保湿を目的にセラミド配合化粧品を選ぶときは、まず、そのメーカーの公式サイトをチェックするときに、「セラミド2」に注目して選んでみるのも、ひとつの方法です。(続きを読む

はじめてセラミド化粧品を使い始めるときに、特にオススメなのは?
これ1本でOKってテレビでやってたメディプラスゲルだけど、本当に1本で大丈夫?
関連記事
>>>セラミド2が配合されたオススメの化粧品
>>>セラミドの種類と、その役割
>>>お肌の乾燥の原因は「セラミド不足」による場合がほとんど?!

セラミド配合化粧品(美容液・クリーム・化粧水)完全ガイドおすすめ(1)

Pocket